facebook instagram

二尊院

本当の静寂とは、無音ではありません。
まっすぐに伸びた参道を通り抜けた先、紅葉や桜の木に包まれた美しい景色の中で、
一度だけ耳を澄ませてください。
日常生活では聞き逃してしまう音が聴こえてきます。
木々はゆれ、鳥は鳴き、水は流れ、そして人がいる。
二尊院の静寂はいくつもの音を呼び込み、私たちに届けてくれます。
寺院の由緒に心を満たされるとともに、麗らかなひとときをお過ごしください。
自然が奏でる音色に心が和むとき、
それは千二百年前から響いている音かもしれません。

お寺は決して難しい場所ではありません。
小倉山のふもと二尊院で、千二百年の静寂と出会う。

二尊院の歴史は、嵯峨天皇の勅願により天台宗第三世慈覚大師(円仁)が承和年間(八三四〜八四八)に建立したことにはじまります。 鎌倉時代の初期には、法然上人(一一三三〜一二一二)が二尊院に住んで法を説かれ、関白九条兼実公(一一四九〜一二〇七)を筆頭に身分の高い人たちの信望を集めて...

二尊院の歴史は、嵯峨天皇の勅願により天台宗第三世慈覚大師(円仁)が承和年間(八三四〜八四八)に建立したことにはじまります。...

二尊院を訪れた際に、最初に出会うのが「総門」です。慶長十八年(一六一三)に伏見城にあった薬医門を角倉了以によって移築・寄進されたものです。室町時代の建築として京都市指定文化財となっています。総門には文様(装飾のための図柄)があり、唐草模様、数珠入り三つ巴紋、桃の巴蓋瓦など多彩。平成二十六年(二○一四)には瓦葺き工事に...

二尊院を訪れた際に、最初に出会うのが「総門」です。慶長十八年(一六一三)に伏見城にあった薬医門を角倉了以によって移築・寄進されたものです。...

百人一首にも詠われた小倉山のふもとに広がる二尊院。紅葉の名所と名高く、千二百年の時を超えて美しい景観に包まれてきました。二尊院はその名の通り、「釈迦如来」と「阿弥陀如来」の二尊を祀る寺院であり、正式には「小倉山二尊教院華臺寺」といいます。開創したのは承和年間(八三四〜八四七)のこと。嵯峨天皇の勅願により慈覚大師が建立しました。...

百人一首にも詠われた小倉山のふもとに広がる二尊院。紅葉の名所と名高く、千二百年の時を超えて美しい景観に包まれてきました。二尊院はその名の通り...

拝観時間9:00~16:30。休日なし。一般 / 大人(中学生以上):500円小人(小学生以下):無料、団体(30名以上)/ 大人(中学生以上):300円、小人(小学生以下):無料。 市バス嵯峨釈迦堂前下車 徒歩約10分。京福嵐山本線 嵐山駅下車 徒歩15分。JR山陰本線 嵯峨嵐山駅下車 徒歩19分。

拝観時間9:00~16:30。休日なし。一般 / 大人(中学生以上):500円小人(小学生以下):無料、団体(30名以上)/ 大人(中学生以上):300円...

映像で見る二尊院

お知らせ
2017-11-12
本日の紅葉
2017-11-07
本日の紅葉
2017-10-30
除夜の鐘、中止のお知らせ
2017-08-02
ホームページをアップしました。